女性用媚薬を通販で購入するとそれって犯罪になるの?

通販で女性用媚薬を購入したら犯罪?

通販で女性用媚薬を購入したら犯罪?

女性用の媚薬を通販で購入したとしても犯罪に問われることはほとんどないと考えて問題ありませんが、一部の商品に関しては、購入によってトラブルが発生する可能性があります。

というのは、「どのような成分が含まれている女性用媚薬なのか」によるからです。たとえば、現状販売されている女性用の媚薬といわれている商品は「サプリメント」という扱いです。

いわば健康食品のようなものだとして扱われているわけですが、これは言ってしまえば「野菜ジュースと同じ」であり、必ずしも薬だという認識はありません。

最近ではコンビニでも気軽に購入することができるサプリメントであれば、当然ながら誰がどのように購入したとしても何の問題もありません。

しかし、仮に明確な薬として存在する媚薬だった場合は、医師の指示(処方箋)なくして入手することは不可能です。

一部、医師による診察なしに処方箋を入手している人たちというものもいますが、基本的には医師による診断を経て処方箋を書いてもらい、その内容に基づいて薬剤師が薬を調合するという流れでしか入手するすることはできません。

つまり、この状況であれば不正に入手すれば犯罪に問われる可能性があります。しかし、すべての状況がそれに該当するわけではありません。

いわゆる個人輸入で入手した場合であれば、医師の処方箋がないままでも目的の薬を手に入れることが可能です。

個人輸入に関する決まり(規制や法律)については割愛しますが、簡単にいってしまえば「規制することによって多くの人が困るから」です。

そもそも個人輸入を行う人の多くは、日本では手軽に購入することができない薬を使用していたり、超長期的なコストを節約することが目的です。

ただ単にコストを抑えたいがためだけに個人輸入を利用することは可能ですが、根本的には「コストを抑えながら効果的な治療を行いたい」という人の希望を叶えるための措置です。

個人輸入ならば基本的に入手できない薬はないといっても過言ではないので、女性用媚薬を入手することも可能です。ただし、その場合は「安全性」に関して十分に考慮する必要があります。

必ず医師の処方箋がなければ入手不可能な女性用媚薬というものはほとんどないのですが、効果が出る可能性を秘めている薬の中で媚薬と呼べるものはあります。

そして、それを入手するためにわざわざ診察を受けることができないのであれば、個人輸入を利用して入手することもできます。