女性用媚薬は自由に購入できる?購入制限はあるの?

女性用媚薬の購入には制限がある?

女性用媚薬の購入には制限がある?

女性用媚薬は女性向けの性欲アップさせる薬剤となり、不感症やセックス嫌いを治療して淫らになれる様な成分を配合しています。性欲を向上させることは、そのままセックスをしたい状態に持って行くこととなるため、性欲低下しているケースで服用されることが多いです。

なお購入制限については、小学生や中学生、高校生の女子が服用することは適さないため、その年齢制限が存在します。年齢制限に関しては18歳から60歳までの女性であれば、購入や服用に制限を設けずに入手して服用することが可能です。

ただ18歳未満や60歳を超える方には、女性用媚薬が体に適合しないケースも見られるため、服用には注意をする必要があります。もっとも女性用媚薬を通販サイトで購入するケースも増えていますので、その場合は年齢確認を求められるケースが存在します。

決済方法をクレジットカード決済に指定すると、そのまま年齢制限はクリアできることも多いため、安心して購入することが可能です。なお女性用媚薬の目的は、性行為の潤滑を促すものであり、服用しても効果に個人差が存在します。

よく男性がそれを用いて狙った女性を口説き落とすために密かに飲み物に入れて飲ませてみるという使い方をする場合があります。ただ必ずしも効果が期待できるものでもなく、それを男性の悪ふざけ目的を理由として購入制限される商品はほとんど存在しません。

そのため、誰しもがネット通販を活用すれば入手できるのが一般的となります。なお購入制限自体は存在しませんが、購入して使用を控えた方が良いケースがあるのは事実です。

例えば血流を良くする成分を配合されているため、心臓に持病がある方は負担をかけてしまう恐れがあり、それによって動悸・めまい・息切れなどが起こるケースもあります。また肝機能を低下させてしまうこともあり、顔のほてり・頭痛・腹痛などの症状が出る場合が存在します。

そのため血圧や血液に関した病気を抱えている方は、服用を控えた方が良く、購入しないことが必要です。また女性用媚薬を海外から輸入した場合、その成分には安全基準が確認できていない成分が配合されているケースがあります。

海外の国によっては医薬品の安全基準に違いが存在するため、日本国内ほど厳しい安全基準を設けていない国も存在します。従って安全確認ができていない成分を配合されていることも多い傾向があります。

現在は自己責任で個人輸入をすることが可能なため、そういったケースでも知らず知らずに安全確認できていない媚薬を服用することも多く、注意が必要です。過去には麻薬成分が配合された媚薬を個人輸入して逮捕された事例も存在します。