Loading...

コラム

脱サラして学習塾経営で成功する秘訣と失敗を回避する方法

脱サラ塾経営での成功と失敗例

脱サラして成功する人の確率は約3~6%とかなり少なめです。というのも、まともな知識もなく何となくで企業する人が多いからです。

しかしながら、フランチャイズに加盟すれば、低価格ながらバックアップのある中で独立することができます。

中でも今注目されているのが学習塾経営です。

このページでは脱サラして塾経営を行った人たちの成功の秘訣と失敗した理由・回避方法をまとめてみました。

脱サラして塾経営をする方法とは

塾経営は、飲食店のように在庫処理が無く設備も大がかりではない事から開業が比較的楽とされています。

何となく教員免許を取ったけど使わなかった。教師を目指していた。以前学習塾でアルバイトをしていた。子供が好き。という人などは学習塾経営がおすすめです。

個人で学習塾経営する

塾を経営する際、実は教員免許は不要ですし、言ってしまえば学歴も必要ありません。

しかし、学習塾というのは『宣伝』が不可欠です。

大手の学習塾ならCMや広告で比較的簡単に生徒が入ってきますが、個人塾だとどうしても生徒の集まりが悪く、軌道に乗るまで時間がかかってしまいます。

また、生徒だけでなく親御さんへのカウンセリングやケアも重要になってくるので、個人で学習塾経営を行うのはあまりお勧めする事ができません。

フランチャイズ加盟で学習塾経営

経営の知識も無いまま学習塾経営を行ってもほぼ確実に失敗します。

しかし、大手の学習塾のフランチャイズに加盟して独立開業を行えば、大手の名前を背負うことが出来るので集客効果も段違いです。

学習塾としての経営の仕方や、生徒・保護者のケアを適切に行えるような研修制度も行われているので、初めて個人で学習塾経営を行うならフランチャイズに加入するのが一番おすすめであり、成功への近道です。

脱サラで塾経営を失敗した話

学習塾経営で一儲けしたい、なんて簡単な気持ちで学習塾の経営を始めても成功する人なんて一握りもいません。

飲食店の経営よりは設備が楽とは言え、学習塾経営を行う際には備品や教科書が必要になって来ます。

また、学習塾にはお客さんである生徒と、生徒を教える教師がいなくてはなりません。

立地や認知度でお客さんや教員は大きく変わってきます。

学習塾を経営した人の失敗にはどんなものがあるのか、改善方法も詳しく見てみましょう。

生徒が集まらない

脱サラして学習私塾を開業した際に重要になって来るのが広告宣伝効果。

お客さんである生徒がいなければ学習塾を開く意味がありません。

個人経営の小さな学習塾を見つけて貰うのは干し草の中から針を探すようなもの。他の大手学習塾にお客さんを取られていってしまいます。

フリーペーパーなどを作成して近くのお店に置いてもらったり、街頭で配る必要性が出てくるかもしれません。

教師が集まらない

立地が成功してお客さんが増えた!そんな時に起こりうるトラブルというのが、今度は生徒ではなく『教師不足』です。

個人経営だと多いのです。自分一人で対処できるなら、お小遣い稼ぎと生活に必要な金額だけ欲しいというなら気にしなくても良いですが、お客さんが増えるのであれば視野に入れておくようにしましょう。

どんな学習塾にしたいかと言った明確な方向性があると教師も集まりやすくなるので開業する前に方向性を固めておく事が大切です。

運営者としての自覚不足

何となく脱サラして何となく塾経営者になった人に多い失敗です。

教育者としての知識はあっても、学習塾を運営するという目線で立てず、失敗するケースが非常に多いです。

収支の問題で有ったり、親御さんからのクレームに対応できなかったり、生徒が増えず赤字が続いてしまったり。

脱サラ後、急に塾経営を始めるのではなく、一度経営者としての知識を付けるのも大切になってきそうです。

脱サラで塾経営を成功した話

脱サラして成功

脱サラが成功する人数は3~6%とかなり少ないですが、せっかくならその3~6%の中に入りたいですよね。

脱サラから学習塾を経営して成功した人の殆どはやはり『フランチャイズで加盟して独立した人』でした。

失敗した人で多かったのは生徒や教師の不足でしたが、フランチャイズ加盟をしていれば、大本の会社が宣伝や教師の手配を手伝ってくれるものもあります。

フランチャイズ加盟して確実に成長できる塾経営を行ったり、ウリのある学習塾にすることで成功率が上がります。

経営や指導の仕方を学べる

フランチャイズで加盟すると、最初に経営者としての動き方や学習塾での指導方法について研修を受けることができます。

何も知らない状態で始めるより少しでも知識がある中で運営した方が成功率は高いです。

フランチャイズだとロイヤリティを支払わなきゃいけないから…という人もいますが、研修制度や指導方法また、大手塾の名前を借りることができるというだけで集客率も上がりますし、ロイヤリティーもそれほど高くはないので最初のうちはフランチャイズで経営を始めるのがおすすめです。

独自の教育方針を決める

どうしても個人で経営したいなら学習塾の教育方針を決めておくといいかもしれません。

独自の教育方針と言っても、うちでしかない!を徹底する必要はありません。

例えば、明光義塾なら個人指導がウリですし、スクールIEなら個性別指導という指導方法がウリです。

そう言ったウチではこんな指導方法を行っていますよ。という内容が成功の近道になっています。

数学に特化している。英語に特化している。という内容でもいいでしょう。

方針を決めておくだけでお客さんからの口コミで広がったり、プロデュースがしやすくなります。

脱サラで学習塾経営は成功する?失敗する?まとめ

サラリーマンでは味わえない仕事をしたい!自分の学習塾を持ちたい!と脱サラするのは良いと思います。

夢に向かっての投資はかっこいいですもんね。

しかし、何も考えずに開業して失敗しては元も子もないです。

成功する秘訣はフランチャイズに加盟して教えてもらったり、試行錯誤をして自分の学習塾をプロデュースすることです。

学習塾は少子化になっても需要のあるものですし、リピートしてもらいやすいので成功すればきっとサラリーマン時代より儲かるかもしれませんよ!

失敗しない塾経営のための4つのポイントは、フランチャイズ相談所へ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です