Loading...

コラム

学習塾の開業前に準備する塾経営に必要なことまとめ

開業前に確認したい「準備しないといけない必要なもの」は?

塾経営を始める経営者の中には「儲かるらしいからとりあえず始めようか!」なんて楽観的に塾経営を始めてしまうと絶対に失敗します!

【いかに開業前の下準備をするか】はとても重要な事項であり、ここの準備次第で収益も変わります。

このページでは学習塾の開業する前に準備しておきたい必要事項をまとめました。

どういった学習塾にしたいか?

学習塾を開校するといっても、ジャンルはかなり分かれます。

主にジャンルは、集団塾、個別指導、サテライト授業に分かれるので開業前に学習塾のジャンルを決めておきましょう。

集団塾を経営する

集団塾は学校のようなスタイルで授業を行っていきます。1人の講師が一度に沢山の生徒を指導することができるので、費用対効果は高いですが、その分講師の指導力が重要になってきます。集まる生徒はどちらかといえば進学意欲が高い生徒が多いです。

小学生~既卒生まで幅広い生徒になります。また、1人あたりの収益は一番低くなります。

校舎を広く教室数が多く取ることができれば、同じ時間帯で違う科目を指導することも可能です。

昔ながらの学習塾スタイルなので、既に塾経営を行っている個人塾の方が開校しやすいです。

個別指導学習塾

生徒2~3人に1人の講師がつく個別指導の学習塾は講師の人数を集めなければいけません。しかし、1人あたりの負担が少ないため大学生などのアルバイト講師で十分指導することができます。指導する生徒との距離が近いため、年齢の近い大学生のほうが生徒とコミュニケーションが取りやすいというメリットもあります。

集まる生徒はどちからいえば進学意欲が高い生徒というよりも、学校の授業についていけない生徒が多くなりやすいので、補講塾として扱われることもあります。

小学生~既卒生まで幅広い生徒になります。1人あたりの単価は集団塾とサテライト授業の間になります。

塾経営の経験がなくてもフランチャイズに加盟することである程度運営することができるでしょう。

サテライト授業

映像授業で指導する学習塾です。直接授業を行う講師を置かなくても開校することができるので、一番人件費が掛からない学習塾になります。

進学意欲が高い生徒しか長続きしないため、どれだけの生徒を集めることができるかがカギとなります。

主な生徒は高校生以上になり、1人あたりの単価は他の学習塾よりも一番高くなります。

通信機器設備を揃えなければならないため、開業資金が一番掛かるがランニングコストが一番低い学習塾になります。

物件を探す

空店舗

どこのフランチャイズに加盟するかは、前述した学習塾のカタチによって変わります。そして、加盟するフランチャイズが決まったら、次は物件を選ぶことになります。

フランチャイズに加盟することで物件の紹介などを斡旋してくれるところも多いですが、自身でも物件を選ぶ上で何が必要事項なのかはしっかりと把握しておきましょう。

学校と駅・ライバルは把握すること

学校と駅は開業前に必ず把握しておきましょう。

小学生~中学生をメインにする場合は地元密着になるので学校の大きさと通学路を把握しておきましょう。最近は学校の合併なども多いのでその情報も把握しておきましょう。

公文など地元密着の学習塾に通う生徒も多いので、ライバル塾にどれくらい生徒が通っているのか?というサーチもその地区の学習意欲を測る決め手にもなります。

高校生をメインにする場合は駅周辺が狙い目になります。とくに乗り換えや急行が止まる駅などは生徒が集まりやすいので学校が近くになくても生徒が集まりやすいです。

固定費をシミュレーションする

生徒がどのくらい集まるか想定したら、固定費がどれくらい掛かるかシミュレーションしましょう。

塾経営の費用は家賃、光熱費、講師の給与などの固定費がメインであり、流動費用はあまり掛かりません。

つまり、物件の場所が非常に良くても家賃などが高すぎれば採算は取れないので、バランスを考えることが必要です。

また、フランチャイズに加盟した場合はロイヤリティがどのくらいなのかをきちんと把握しておきましょう。ショッピングモールなどに開校する場合は家賃の他にモールに支払うロイヤリティも発生することもあるので頭に入れておきましょう。

講師が集まる環境か?

まず、講師がいなければ塾経営は始まりません。

生徒が集まる地域と講師が集まる地域がリンクしないこともあります。特に大学生をアルバイトとして雇いたい場合、近くに大学がないなんてことになれば雇うことは難しいでしょう。

講師の離職率は高く、長続きしないことが多いのでその点も頭に入れておきましょう。

塾経営の開業前に準備に必要なこと!まとめ

塾経営を始める前の準備はとても重要です。

結局生徒が集まらなければ収益は発生しませんし、教える講師がいなければ開校することもできません。特殊業界なので誰でも講師ができるということでもないですからね。

学習塾でフランチャイズに加盟する場合、ある程度のことは本部と相談して決めることができるでしょう。

しかし、言われるまま進めてしまって失敗してしまっても本部は責任なんて取ってくれないので、自らの足を使ってある程度シミュレーションしておくことが必要になってくるでしょう。

塾経営を開業する方の参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です