Loading...

塾・予備校フランチャイズ

個別指導塾「明光義塾」はフランチャイズ加盟したら儲かるの?

「明光義塾」に加盟したら儲かる?

明光義塾は全国に2,000教室以上ある個別指導塾です。

個別指導塾としては日本で一番多い教室数になりますが、そのほとんどがフランチャイズになります。

現在塾で指導している方であればフランチャイズの加盟をして独立も考えたいところ。

このページでは独立を考えている、塾経営を行いたい方に、個別指導塾「明光義塾」のフランチャイズ経営が儲かるのか?まとめたいと思います。

個別指導塾「明光義塾」とは?

明光義塾は個別指導塾としては日本No,1の教室数と生徒数を誇ります。

小学生から既卒者まで幅広く個別指導を行い、年間約13万人の生徒を指導しています。

会社名:株式会社明光ネットワークジャパン
所在地:東京都新宿区西新宿7丁目20番1号住友不動産西新宿ビル 29F/30F/32F
設立:1984年9月
従業員数:761名
グループ企業:早稲田アカデミー個別進学館、東京医進学院、明光サッカースクール、明光キッズ、早稲田EDU日本語学校、など

集団ではなく個別指導

授業スタイルは学校などのような集団スタイルではなく、生徒一人一人に指導する「個別指導塾」になります。

問題を解くためのポイントだけを伝えることで、自ら「考える」「実行する」力を身につけさせる指導方法になるため、つきっきりで教えるという指導方法ではありません。

そのため、講師1人に対して3人の生徒を指導するのが一般的で、1人の生徒が考えている、問題を解いているときに他の生徒を指導していくカタチになっています。

個別指導塾「明光義塾」のフランチャイズシステムとは?

明光義塾は本部を東京新宿に構え各地方ごとのエリアに分かれています。

本部エリア担当のスーパーバイザーが運営のフォローを行い、開校前や開校後の研修指導や運営指導を行ってくれます。定期的に本部講習もあり、他校との情報交流を行うこともできます。

生徒管理や授業の運営管理などのシステムを本部で一括管理を行っているので、どこで開校しても同じシステムを使用することができます。

エンピツ1本から生徒用机まで全て明光ブランドで揃え購入することができ、指導する教材も明光義塾オリジナルの教材を使用し指導することができるので、塾経営が初めての方でも運営することができるフランチャイズパッケージになっています。

加盟金・ロイヤリティは?

明光義塾への独立加盟時のオーナー自己資金の平均は516万円です。

加盟金は300万円、2校目を開校する場合は別途加盟金が200万円必要になります。

物件によって変わりますが、開業資金としてはおよそ1,000万円前後になってくるでしょう。

毎月のロイヤリティは売上の10%、その他テレビCM協力金15,000円などとなっています。

個別指導塾「明光義塾」に加盟して儲かる?

明光義塾のFCって儲かるの?

独立し、明光義塾のフランチャイズに加盟して儲かるものでしょうか?

明光義塾ホームページに記載している年間収支モデルでは、年間660万円の黒字になっています。

開業資金が約1,000万円ですので、2年で取り戻すことができる計算になります。

明光義塾の1教室あたりの生徒数平均は60人で、年間収支も60人で計算されていますので、まずは生徒を60名集められるかどうかが儲かるかどうかに掛かってくるでしょう。

エリアが狭い?

フランチャイズ経営をしていくことで必ず考えなければならないのが運営エリアです。

フランチャイズオーナー同士が同じエリアでバッティングしないようにしなければならないため、開校教室数がダントツ多い明光義塾は、それだけ自身受け持つことができるエリアが狭くなってしまうということになります。

つまり、ここの地区で明光義塾を運営したい!と思っても、教室数の多い明光義塾では他のオーナーが運営しているために開校できないなどの障害が発生してしまいます。

エリアが狭くなるということは生徒を集めることが難しくもなり、2校目を開校することも難しくなります。

指導する講師を集められるか?

生徒が集まっても指導する講師が集まらなければ授業を開くことできません。

個別指導なので、その分講師の人数を揃えなければいけないです。

講師のメインは大学生が行いますが、開校を考えているエリアに大学が近くにない場合、講師を集めることが難しくなるでしょう。

個別指導塾「明光義塾」のフランチャイズ経営は儲かる?まとめ

このページでは個別指導塾「明光義塾」のフランチャイズに加盟した場合に儲かるかどうかをまとめました。

大手フランチャイズ塾ですので、フランチャイズパッケージは充実しており、塾経営が初めてでも開校することができるでしょう。

しかし、全国の教室数が多いため、思ったエリアに開校することが難しく担当エリアが狭くなってしまい、思った収益が上げられない可能性もあります。

また、個別指導であるため生徒数だけでなく講師数も確保しなければならないので、立地エリアはとても重要になるでしょう。

フランチャイズ塾で独立する参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です